雑談

24時間テレビ【2022年】ギャラは?寄付した芸能人や拒否した人物を解説!

24時間テレビ

2022年も24時間テレビが放送されることになりましたね。

放送日は8月27日~28日ですが、毎年恒例となっているのは出演者のギャラや寄付した芸能人ではないでしょうか。

この記事で分かること

・2022年24時間テレビのギャラ
・2022年24時間テレビの寄付した芸能人
・24時間テレビを拒否した人物
・24時間テレビの募金額(全期間)

についてお話ししますので参考にしてみてください。

2022年の24時間テレビのギャラは?

海外のチャリティ番組では、出演者はノーギャラで出演しているようですが、日本では高額なギャラが発生しているとのうわさがあります。

もちろん、こういう内容ですから、わざわざギャラを公表する芸能人はいませんが、かなり大きな金額が動ているようです。

たとえば、2022年のチャリティランナーはEXITの兼近さんですが、過去のランナーのギャラを見ると1,000万円から高くても3,000万円は手にしているとのこと。

3,000万クラスになると、おそらく大御所芸能人になると思いますが、これが事実ならかなり高額だなって思います。

それ以外では、

・パーソナリティが500万円
・メインパーソナリティーが1,000万円
・司会・・・500万円
・一般人・・・無償

という情報がありました。

メインパーソナリティーの場合は、時給が41万円弱ですか・・・。

もちろん、24時間テレビも仕事ですから対価としてギャラをもらうのは、何ら問題はないはずですが、募金を募ったりチャリティとうたったりしているのに、なぜギャラが発生するの?という不満が少なからずあります。

たしかに、出演料を全額チャリティにすれば、どこかが助かりますよね。

とくに今年はコロナや災害で困っている人が多いので、そういうところに募金が使われたらいいなって感じます。

あと、芸能人だけ高額なギャラで一般人は無償というのは気になります。

この辺りはウワサでしかないので、事実はどんどん公表していけば納得する人も増えてくるはずです。

24時間テレビのギャラを寄付した芸能人はいるの?

芸能人のなかにも、とっても良心的な人がいますよね。

2022年の24時間テレビのギャラを寄付した芸能人は分かりません。

しかし、過去には、萩本欽一さんやYOSHIKIさんがギャラを寄付したと言われています。

萩本欽一さんは24時間テレビの初代司会ですが、ギャラを全額寄付したとかなり有名な話です。

YOSHIKIさんはノーギャラで出演しただけではなく、数百万円を寄付したとんでもなく心の優しい持ち主だと言えます。

時代的に萩本欽一さんの司会をしていた時は知りませんが、YOSHIKIさんはなんとなく想像がつきますよね。

というか、もっとほかにもギャラを寄付した芸能人は多そうな気がするのですが。

いちいち公表するのはいかにも偽善っぽいので、知られていない芸能人もいるはず。

好感度がめちゃめちゃ上がるので、寄付という選択肢も良いのではと思います。

つまり、ノーギャラで出演していたということは、普通はギャラが発生している、と考えるべきですね。

24時間テレビを拒否した人物は?

海外ではノーギャラで出演しているチャリティ番組のため、それに納得できない芸能人もいるはずです。

たとえば、明石家さんまさん、ビートたけしさん、タモリさん、所ジョージさんなどの大御所が24時間テレビの出演を断っていると言われています。

所ジョージさんは自分のYouTubeを広告なしで運営されていましたが、仕様変更により広告が付くことを知り、全動画を削除されたという事実があります。

所ジョージさんはお金で動かない、ということから24時間テレビを拒否したというのもうなずけますね。

明石家さんまさんも、ビートたけしさんも、タモリさんも、すでにありえないくらいのお金をもっているはずですし、体力的にもしんどいはずですから出演しないのではないでしょうか。

やはり、海外の一流芸能人はチャリティ番組にノーギャラで出演するため、大御所芸能人もそれを意識しているのかもしれませんね。

24時間テレビのギャラは本当?偽善?

正直、24時間テレビを最初から最後まで見るわけではないですし、制作の意図は分かりません。

ですが、毎年高額な広告費が発生し一般人からの募金、高額な芸能人へのギャラは物議をかもしています。

毎年やられているイベントですから、なぜこのようなことをしているのかや、放送する意味をしっかり伝えてほしいなって思います。

寄付したお金はどこに行くのか、本当にそれが正しく使われているのかも視聴者は知る必要はあるはずです。

もちろん、これはあくまで一般人が思っていることで、実情は違うのかもしれません。

また、毎年感動の押し売りと揶揄され偽善と言われることもあるでしょう。

ただ、そうは言われていても毎年放送しているから視聴率がいいはずですから、見たい人は多いと思います。

24時間テレビの過去の寄付(募金)額と最高額は?

24時間テレビのギャラがすごければ、寄付もなかなかすごいです。

第1回から2021年までを網羅しました。

回数 開催年 寄付額(円)
1 1978年 1,190,118,399
2 1979年 727,657,482
3 1980年 982,293,333
4 1981年 885,191,232
5 1982年 605,736,459
6 1983年 1,036,578,114
7 1984年 805,085,881
8 1985年 1,013,429,697
9 1986年 749,355,128
10 1987年 885,465,365
11 1988年 787,437,001
12 1989年 662,211,879
13 1990年 806,551,220
14 1991年 883,192,270
15 1992年 957,702,743
16 1993年 853,389,423
17 1994年 788,460,358
18 1995年 1,056,798,341
19 1996年 909,012,004
20 1997年 960,303,779
21 1998年 908,938,502
22 1999年 877,487,670
23 2000年 768,442,030
24 2001年 846,047,659
25 2002年 765,705,996
26 2003年 776,638,125
27 2004年 719,045,124
28 2005年 1,000,346,999
29 2006年 940,682,462
30 2007年 1,015,442,574
31 2008年 1,083,666,922
32 2009年 951,081,316
33 2010年 974,028,568
34 2011年 1,986,414,252
35 2012年 1,168,471,704
36 2013年 1,545,226,444
37 2014年 936,955,640
38 2015年 856,728,209
39 2016年 887,482,001
440 2017年 699,153,512
41 2018年 893,767,362
42 2019年 1,550,158,595
43 2020年 866,269,827
44 2021年 886,214,435
45 2022年

第1回からもっとも募金が多かったのは、意外にも2011年で時点が2019年だったようですね。

これは、簡単に推測できますが、2011年は東日本大震災、2019年は熊本で大きな災害があったはずです。

とくに2011年は、なんと19億円もの募金がありました。

そのタイミングで募金の金額が増えているため、これらの影響があるものだと思われます。

2022年24時間テレビのギャラのまとめ

2022年も24時間テレビがはじまりますが、毎年議論に上がるのはギャラの高さです。

お仕事をしているからギャラをもらうのは当然ですが、チャリティ番組で一般人から募金を募っていることもあり不満に思われている人も多いです。

最近はテレビに興味関心を持っている人がどんどん減っているため、どこかのタイミングですべての人が楽しく、そして感動できるような番組になれば良いなと思います。

24時間テレビTシャツ
24時間テレビTシャツの買いかたは?いつからなのか販売店について解説 2022年も8月27日から24時間テレビがはじまりますよね。 24時間テレビのちょっとした注目ポイントと言えば、そ...
ABOUT ME
ねこすけ
超節約家。動物好き。面白ニュースやネタが大好きな人間。良いなと思ったニュースは即作成し、即公開しているスピーディーな奴。プライベートは全然スピーディーじゃない。