雑談

誤送金4630万円を法的確保?ほぼ全額回収できたって本当?その真実について

誤送金

今、世間を大きく騒がせている4630万円の誤送金の件。

犯人はオンラインカジノで全額使ったので返金できない、としていましたが実際はそうではなかったようです。

そして、その後4630万円の驚きの事実が発覚しました。

この記事で分かること

・4630万円の行方
・4630万円の返金の事実

について解説しますので参考にしてみてください。

なお、当記事では該当する人物の名前や顔は公表しておりません。

誤送金4630万円は全額オンラインカジノ?

誤送金された4630万円は、全額決済代行会社を経由してオンラインカジノに使ったと犯人側の弁護士が話していました。

その概要が、、

A社に3500万円をメインに、お金を複数の決済代行業者に振り分けていました。

しかし、騒動のこともありA社が3500万円ほどを阿武町に直接返金したようです。

本来であれば、A社は犯人に振り込んでそこから犯人が阿武町に振り込むのが一般的ですが、今回はそうでもなさそうです。

つまり、どんなかたちであれ4630万円のうちの3500万円が阿武町に返ってきたことになります。

かなり大きいですね。

誤送金4630万円のほとんどが確保?

実は、2022年5月24日の会見で、阿武町が4299万円ほどを法的に確保した、と発言していました。

4630万円のうちの4300万円ほどを阿武町がにぎっているため、ほとんどのお金を回収できる可能性が高くなりました。

つまり、犯人が当初言っていたオンラインカジノで使いきった、というのは嘘の可能性が高いです。

おそらくですが、お金を隠しておいてほとぼりが冷めたころに自分の口座に戻す、という考えだったのでしょうか。

あくまで憶測にすぎませんが、法的に確保したという言葉に違和感があります。

おそらく決済代行業者が自主的に返したのではなく、警察が介入して確保されたのではという解釈もできます。

もしくは、本当にネットカジノに使ってしまったが決済代行業者の保険を使って返還したという考えもできますよね。

誤送金4630万円の行方について

そもそも、4630万円の誤送金をしたのは役場であって原因を作ったのも役場です。

もちろん、持ち逃げして嘘をついた犯人は悪いですが・・・。

ネットでは両者ともに叩かれている感じがしますが、役場も振込時にチェックを厳しくしておけばよかったですし、犯人も今頃何事もなく過ごしていたはずです。

返金する際にも片道2時間かけて銀行まで行かせたそうですし。

複雑な感情になってしまう事件ですが、まずは誤送金された全額を取り戻し、しっかり犯人と話し合うことが重要ではないでしょうか。

そして、世間を騒がせてしまったので1から100までの経緯や、決済代行業者の直接振り込みの件など、今後お金はどうなるのかはお伝えしなければないと思います。

 

 

 

ABOUT ME
ねこすけ
都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 アパレル店員(4年勤務) ソフトバンク社員(4年勤務) Web関連の仕事(5年勤務)