雑談

絶版資料が国立国会図書館オンラインで閲覧可能に?その詳細についてを解説!

国立国会図書館 オンライン

みなさんは、図書館やオンラインなどで、欲しい本や資料がなかった、なんてことありませんでしたか?

とくに絶版資料に関して言えば、古本屋で探しまくるか諦めるしか方法はありませんでした。

しかし、絶版資料が国立国会図書館にてオンラインで閲覧可能になるようです。

この記事で分かること

・国立国会図書館のサイト
・国立国会図書館の絶版資料の取り扱いジャンル

についてお話ししますので参考にしてみてください。

国立国会図書館とは?

国立国会図書館とは、その名の通り国会に属する唯一の図書館のことを指します。

基本的には、国会議員の研究や調査をはじめ、国民に向けて利用されている図書館が国立国会図書館です。

しかも、日本国内で出版されたすべての出版物を収集、保存することを目的としているため、普通では手に入らないような資料も見つかる可能性があります。

国立国会図書館はどこにあるの?

国立国会図書館は、東京本館と京都府の2館が存在しています。

京都府

東京都

図書館ということもあり、絶版資料が見たいと思っても直接足を運ばなければなりませんでした。

近くにお住まいの人であれば良いですが、日本でも京都と東京にしかないため不便さがありました。

 国立国会図書館がオンラインで資料を閲覧できる?

こういうご時世ということもあり、オンラインで資料を閲覧できないのか、という要望がかなりあったそうです。

結果的に、直接足を運ばなくとも国立国会図書館にある資料をオンラインで閲覧できるサービスが開始されます。

国立国会図書館のオンラインサービスは、2022年5月19日よりサービス開始となります。

事前に利用者登録を済ませないといけないので、忘れないようにしましょう。

 

国立国会図書館公式サイト

国立国会図書館デジタルコレクション

国立国会図書館利用者登録詳細

オンラインではどれくらいの資料が閲覧できるの?

オンラインで閲覧できる資料の点数が少なかったら意味ないですよね・・・。

しかし、予定では150万点以上の書籍や雑誌、論文などが閲覧できる予定のため、かなり膨大な数だと考えるべきです。

オンラインで閲覧できる対応デバイスは?

基本的には、パソコンやスマートフォン、タブレットで閲覧が可能となっています。

とくに動画やゲームとかではないので、各スペックはそこまで必要とはしません。

また、来年からは資料も印刷できるようになるとのことです。

本当に図書館に行かなくても、自宅やオフィスなどで完結できるためかなり便利になりそうですね。

国立国会図書館のまとめ

見たかった書籍や雑誌がもう絶版で見れない、なんてことで諦めてしまった人は多いはずです。

ですが、今回の国立国会図書館のオンライン化によりわざわざ足を運ばなくても、好きな場所で閲覧できるようになります。

みなさんも、改めて読みたかった資料や雑誌を振り返り、国立国会図書館のオンラインを利用してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ねこすけ
超節約家。動物好き。面白ニュースやネタが大好きな人間。良いなと思ったニュースは即作成し、即公開しているスピーディーな奴。プライベートは全然スピーディーじゃない。