スポーツ

MLB「大谷ルール」とは?2022年はルール改変をして選手が有利になった理由について

大谷ルール

2021年、異常なまでに活躍した元プロ野球選手でメジャーリーガーが存在します。

それはみなさんご存知の大谷翔平です。

2021年はMVPまで獲得したため、アメリカで認められた人物だと言えますが、決して大谷翔平自体は有利に活動できませんでした。

そこでできたのが大谷ルールです。

この記事で分かること

・大谷ルールとはどいうものなのか
・なぜ大谷ルールができたのか

について、MLBファンがお話ししますので、参考にしてみてください。

大谷ルールとは?

2021年、大谷翔平は過去に誰もなしえない偉業を達成し、とうぜんのごとくMVPに選ばれました。

このMVPは日本人では2001年のイチローしか獲得したことのないものですから、とんでもなく名誉なことです。

2021年は投打にわたり、想像もつかないほど活躍した大谷翔平ですが、指名打者制(DH)に問題がありました。

たとえば、当日ピッチャーとして大谷翔平が出場するとしましょう。

しかし、何らかの理由により、途中で降板することは多いですよね。

当然、いちど降板をしてしまうとバッターとして復帰できないというのが今までのルールでした。

もし、ピッチャーがマウンドから降りたとしても、HDとしてバッターボックスにたてたとしたらどうでしょうか。

いわゆる、このピッチャーがマウンドから降りてもDHとして再度バッターボックスに建てるようにするのが、大谷ルールです。

2021年オールスターで大谷ルールが採用された

2021年、オールスターでは史上初の1番ピッチャーとして大谷翔平が出場しました。

実はこのときに、大谷ルールが採用されていたということをご存知でしょうか。

本来、オールスターであればピッチャーは1回程度でマウンドを降りるため、ベンチに下がりますがア・リーグの監督がルール変更をお願いした、というわけですから大谷人気はすさまじいものがあります。

大谷ルールは採用され、マウンドから降りた後はDHとして出場することができました。

2022年は全試合で大谷ルールが採用される

2022年、ピッチャーとして先発をしてそのあとにDHとして残れるルールに合意したことがわかりました。

大谷ルールが採用されたというわけです。

つまり、2021年は打席数が少なかったですが、2022年はかなり増加する可能性があり念願のホームランキングも夢ではなくなったということです。

ちなみに、大谷ルールが採用されれば年間で70打席ほど増加します。

2021年にできなかった重厚打線の復活

2021年は、メジャーリーグのスーパースター、マイクトラウトやアンソニーレンドン、ジャスティンアップトンなどが、立て続けに長期離脱をし、大谷翔平が対戦チームより敬遠されまくる状態が続きました。

そりゃ、他の選手が大谷翔平より打てないわけですから、歩かせて後続バッターを打ち取れば終わりですし・・。

しかし、主力メンバーが返ってきたことにより、大谷翔平を敬遠できなくなたっため、さらにホームラン数は増加するのではないでしょうか。

大谷ルールと主力の復帰により、想像を超える活躍に今から目が離せません。

大谷ルールとはのまとめ

大谷翔平は日本人でありながら、若くして海を渡り、新人王と2021年はMVPまで受賞しました。

さらには大谷ルールという、特別なルールもできるくらいですからすごいとしか言いようがないですよね。

2022年もシーズンがはじまりますから、大谷翔平のとてつもない活躍を期待しています。

ABOUT ME
ねこすけ
超節約家。動物好き。面白ニュースやネタが大好きな人間。良いなと思ったニュースは即作成し、即公開しているスピーディーな奴。プライベートは全然スピーディーじゃない。