スポーツ

ロベルトオスーナの実績は?年俸やロッテに現役セーブ王が入団した理由について

ロベルトオスーナ

日本のプロ野球界には、とんでもない成績を残したメジャーリーガーが、たまに移籍してきます。

最近でいえば、オリックスのアダムジョーンズや、マニーラミレス(四国アイランドリーグ)などが有名ですよね。

実は今回、現劇バリバリのメジャーリーガーで、セーブ王が千葉ロッテに入団したとの信じがたいニュースが入ってきました。

この記事で分かること

・ロベルトオスーナの実績
・ロベルトオスーナのロッテに入団した経緯

について解説しますので参考にしてみてください。

ロベルトオスーナのプロフィール

名前:ロベルト・オスーナ・キンテーロ
生年月日:1995年2月7日
出身:メキシコ
ポジション:投手(クローザー)
MLB在籍球団:トロント・ブルージェイズ(2015年~2018年)
・ヒューストン・アストロズ(2018年~2019年)

ロベルトオスーナは、名門、トロントブルージェイズに3年ほど在籍しているバリバリのメジャーリーガーでした。

ロベルトオスーナの実績は?

ロベルトオスーナは、2015年にメジャーデビューし、いきなり20セーブをあげ、2016年には36セーブ、2017年には39セーブ、2019年には38セーブでセーブ王のタイトルを獲得しました。

2017年には、MLBオールスターゲームにも出場し、誰もが認めるスーパースターとして活躍していました。

ロベルトオスーナは、最速160kmのフォーシームを武器に、スライダーやチェンジアップ、ツーシーム、カットボールなど多彩な球種で打者を惑わせてました。

2019年の防御率は2.63、2020年は2.08、2022年はメキシカンリーグではありますが1.35とえげつない数字を残しています。

ロベルトオスーナが千葉ロッテに移籍した理由は?

そもそも、ロベルトオスーナはまだ若いですし、普通ならメジャーリーグでプレイすれば、かなり稼げるはずですよね。

2019年にセーブ王を獲得したとんでもないメジャーリーガーなのに、なぜ千葉ロッテに移籍することになったのでしょうか。

ロベルトオスーナは、2018年に女性問題で75試合の出場停止処分を受けていました。

そして2020年にFAとなり、メキシカンリーグに移籍していましたが、日本を含めて新たな活躍の場所を探していたのでしょう。

結果、千葉ロッテが年俸9000万円という破格で獲得したというわけですね。

ロベルトオスーナの過去年俸は?

ロベルトオスーナの実績はかなり素晴らしいため、過去の年俸も凄そうです。

2018年はおよそ5億円で、2019年は6億円、2020年でも4億円近くの年俸をもらっていたようです。

それが9000万円で契約できるなんて、千葉ロッテはすごすぎます・・・。

ロベルトオスーナのまとめ

千葉ロッテには、佐々木朗希というとんでもないピッチャーがいるのに、現役バリバリのメジャーリーガーまで連れてきてしまいました。

近いうちに、先発は佐々木朗希で抑えはロベルトオスーナという組み合わせが見られることでしょう。

ABOUT ME
ねこすけ
超節約家。動物好き。面白ニュースやネタが大好きな人間。良いなと思ったニュースは即作成し、即公開しているスピーディーな奴。プライベートは全然スピーディーじゃない。