VOD

100日後に退職する47歳の原作は?あらすじや映画について解説

100日後に退職する47歳

いしだ壱成さんが、100日後に退職する47歳という映画で主演をされるとのことでニュースになっています。

そもそも、いしだ壱成さんがドラマに出るのは久々な感じがしますし、そもそも100日後に退職する47歳についても知らない人がほとんどなはずです。

この記事で分かること

・100日後に退職する47歳の原作
・100日後に退職する47歳のあらすじと映画化

についてお話ししますので参考にしてみてください。

100日後に退職する47歳の原作は?

100日後に退職する47歳の原作はあります。

この映画の原作は、もともとTOMEさんという元アプリ開発者が作られた個人の書籍です。

著者の経験をふまえつつ、IT業界によくありがちなことと、47歳という転職が難しい年齢で退職をするというリアルなお話になっています。

原作は無料では見れませんが、ebookjapan(電子書籍)なら30%~50%OFFで購入できますよ。

100日後に退職する47歳はフルカラーで120ページの1冊だけですから、購入しやすく読みやすいですよ。

 

⇒ebookjapanはこちら!

書籍として購入したいかたはこちら

100日後に退職する47歳のあらすじは?

100日後に退職する47歳は、タイトル通り、47歳の会社員が100日後に退職するまでの経過を詰め込んだあらすじになっています。

主人公はIT企業に勤めている47歳のエンジニアですが、リアルに退職をするまでの100日間のリアルでよくある話をまとめています。

そもそも、退職すると決めているのに休みの日も仕事の進捗が気になり、電話が手放せない。

仕事をすればエラーとの戦い。

まさにエンジニアのリアルな毎日が描かれていますね。

100日後に退職する47歳はなぜ映画化したの?

しかし、なぜアプリ開発者の原作が映画化されることになったのでしょうか。

それは、映画監督のハシテツヤさんが100日後に退職する47歳を見て、面白いから映画化したいとオファーがあったようです。

クラウドファンディングで資金を集めた結果、たったの1日半で目標を達成し、注目の高さがうかがい知れます。

また、47歳というリアルな年齢にこだわるため、いしだ壱成さんを主演に抜擢したようです。

いしだ壱成さんは、過去のドラマですごい演技力で、オーラを放っていたようですから、今回の作品で楽しみにしているファンは多いはずですよ。

100日後に退職する47歳の原作のまとめ

100日後に退職する47歳は映画化されますが、原作が存在しています。

100日後に退職する47歳が気になるのであれば、原作をぜひチェックしてみてくださいね。

 

電子書籍ならこちら

⇒ebookjapanはこちら!

書籍として購入したいかたはこちら

ABOUT ME
ねこすけ
超節約家。動物好き。面白ニュースやネタが大好きな人間。良いなと思ったニュースは即作成し、即公開しているスピーディーな奴。プライベートは全然スピーディーじゃない。