VOD

ドラマ「競争の番人」のキャストは?あらすじや原作・脚本についてを解説!

競争の番人

元カレの遺言状が完結すると、次のドラマは何なのかって気になりますよね。

実は、2022年7月に競争の番人というドラマがスタートすることが決定しています。

この記事で分かること

・競争の番人のキャスト
・競争の番人のあらすじや原作
・競争の番人の脚本

についてお話ししますので参考にしてみてください。

 

\ドラマも小説も31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTなら無料期間の解約は費用がかかりません。

ドラマ競争の番人とは?どんなあらすじ?

2022年の月9といえば、「ミステリと言う勿れ」「元カレの遺言状」でしたよね。

そして、2022年7月期にはじまるのが競争の番人です。

競争の番人は、公正取引委員会、つまり公取委が舞台となるドラマです。

主人公は東大卒のエリートで審査官という役柄で、ウェディング業界の競争妨害にきり込むという話です。

つまり、公取委の職員がさまざまな職業の談合や価格のつり上げを監視し守ることが話の大まかな内容となります。

ですが、競争の番人はあくまでミステリーですから、ミステリと言う勿れや元カレの遺言状をイメージするといいでしょう。

公取委をお題にしたドラマは今までになく、本当に新しい気持で見られるストーリーになっていると思われます。

ドラマ競争の番人のキャストは?

ドラマで肝心なものと言えばキャストではないでしょうか。

むしろ、キャストの良し悪しによって見る見ないが変わってきますよね。

小勝負勉(坂口健太郎)

東大卒のエリート審査官の小勝負勉を演じるのは、坂口健太郎です。

ストーリーの中で“悪”となる人物がいるんです。小勝負がそんな悪と対峙する時、そんな悪によって救われている人もいることも考えてしまうんです。ですので、小勝負としては100%の正義でポジショントークをしてはいけないと、どこかで思っています。そういったシーンを演じるのはすごく難しいですね。小勝負のパーソナリティーについては、全てが明らかになっていません。小勝負は、過去に何か深いものを抱えていそうなんです。それが何かわかるまでは捉えどころのない人物でいようと思っていますし、さりげなくポンッと放った言葉が相手に効くような存在になれたら良いですね。
引用:フジテレビ

 

白熊楓(杏)

ダブル主演として女子審査官の白熊楓役を演じるのは杏です。

白熊は、小勝負と一緒に談合などを摘発し、事件に立ち向かっていく人物です。

白熊はもともと警察官だったのですが、いろいろとあって公正取引委員会に飛ばされた人物です。ですので、最初は不本意な気持ちでいますし、“なんなのここ?”という感じは、わりと視聴者のみなさんと同じ目線で、寄り添いながら物語を進めていく存在になると思います。最初のうちは白熊は戸惑ったり、疑問を感じたりしています。ストーリーがどんどん進むにつれて、白熊が公正取引委員会で働く意義を見出していくとか、何か結果を出せるようになるとか…。戸惑いの目から、芯を持った目になるような成長をしていけるんじゃないかと思います。社会人としてある程度経験を積んだ上で、まるっきり違う職場に移る白熊ですが、そんな白熊のように30代半ばで転職される方も多いと思うので、まるっきり違う環境で仕事を始めるという白熊の気持ちは、多くの方々に寄り添っていただけて、応援していただけるのではないかなと思います。
引用:フジテレビ

ドラマ競争の番人の脚本は?

ドラマ競争の番人の脚本を担当するには、新川帆立です。

新川帆立は、日本のミステリー作家で弁護士でもあります。

実は、新川帆立は元彼の遺言状を担当しており、今回の競争の番人も連続して担当することになっています。

ドラマ競争の番人に原作はあるの?

ドラマ競争の番人にはいちおう原作はあります。

ただし、単行本としては2022年5月11日に発売のため2022年4月現在は見ることができません。

事前に予約ができますので興味がある人はぜひ!

 

ドラマ競争の番人のまとめ

ドラマ競争の番人の情報はまだそこまで多くはありません。

分かっているのは、主役が坂口健太郎と杏で公正取引委員会をお題にしたミステリードラマということです。

時期がくれば全貌は分かりますので、それまで原作を読んで待っておきましょう。

 

\ドラマも小説も31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTなら無料期間の解約は費用がかかりません。

ABOUT ME
ねこすけ
都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 アパレル店員(4年勤務) ソフトバンク社員(4年勤務) Web関連の仕事(5年勤務)