VOD

耳をすませばの実写版が公開!?キャストや主題歌・あらすじについて公開!

耳をすませば 実写版

ジブリの名作と言えば、耳をすませばではないでしょうか。

そんな耳をすませばが、実写化されるとの情報が公開されましたが本当でしょうか?

なぜ今になって実写化になるのか、誰がキャストなのかが気になるところですよね。

この記事で分かること

・耳をすませばの実写化は本当なのか
・耳をすませばの実写版のキャストや主題歌

についてお話ししますので参考にしてみてください。

耳をすませばってどんなあらすじ?

耳をすませばは、1995年に公開されたジブリ映画です。

読書が好きな中学1年生の月島雫が学校の図書館で本を読むが、毎回本の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前が書かれていることに気付く。

この時点では雫は聖司のことをまったく知らなかった。

ある日、電車のなかで出会った猫に導かれ、アンティーク雑貨屋(地球屋)のようなお店にたどり着くことになりました。

そこで偶然出会ったのが、アンティーク雑貨屋の店主の孫でもある天沢聖司でした。

 

耳をすませばの原作漫画はU-NEXTで見られます!

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

ジブリ作品は動画配信サイトでは公開されていないので、DVDレンタルがおすすめです。

【TSUTAYA DISCAS】DVDレンタル

耳をすませばの実写版が公開されるのって本当?

耳をすませばの実写版は、10月14日に公開されることが決定しました。

では、アニメ版を再現してのお話しかな、と思うのが当然ですよね。

実は、1995年に公開されたときから10年後の未来を舞台にした映画ということで、当時は雫が中学3年でしたので雫も聖司も24~25歳くらいなっているということです。

耳をすませばの最後のシーンで、聖司が一人前のヴァイオリン職人になれたら結婚してほしい、と雫に言っていたので実現したのかどうかが気になります。

耳をすませばの実写版の気になるキャストは?

耳をすませばのアニメ版声優と、今回の実写版のキャストを見ていきましょう。

月島雫

月島雫は当時、本名陽子が声優として担当していました。

今回の実写版では、清野菜名が担当することに決定しています。

天沢聖司

天沢聖司の当時の声優は、みなさんもお忘れかもしれませんが、高橋一生が担当していました。

今では俳優として活躍しているので、昔は天沢聖司の声優をしていたのは意外ですよね。

そして、今回の実写版を担当するのは松坂桃李です。

聖司がかなりイケメンでしたので、今回の松坂桃李は納得のキャスティングではないでしょうか。

耳をすませばの実写版はどんなストーリーになりそう?

耳をすませばの実写版は、雫と聖司が大人になった10年後を舞台にした映画となります。

また、原作の世界観を再現するための過去も再現されるようです。

雫は本好きが大人になっても変わらなかったようで、出版社の児童小説の編集者になりました。

ですが、小説家になる夢は諦め、本を売るために日々奮闘していました。

対して聖司は夢を追いかけ海外で暮らす生活を実現していますが、大人になった二人は当然距離が生まれますのですれ違いになってしまう可能性が高いです。

遠距離恋愛は色んな意味で厳しいですが、相手が海外に住んでいると会うことも難しいため、2人の行方がハッピーエンドなのかバッドエンドなのかは本編を見るしかなさそうですね。

ただし、耳をすませばは学生の甘い恋愛観がとても良かったですが、大人になったときの現実感を見てしまうと、過去の良かった思い出が崩れそうで怖いです。

とくに実写版にしてしまうと、良かった原作までイメージが崩れてしまうので、そこが心配な点だと言えます。

耳をすませばの主題歌は決まっている?

耳をすませばの特報動画が公開されていますが、音楽は入っていませんでした。

耳をすませばといえばカントリーロードですから、今回も同じように主題歌はカントリーロードではないかと推測しています。

当時のカントリーロードは、雫役の本名陽子が歌っていましたが今回も同じパターンであれば清野菜名が歌う可能性が高いですね。

耳をすませばの実写版のまとめ

ジブリの人気作品、耳をすませばの実写版が公開されることになりました。

今回は当時の10年後をイメージしたオリジナルストーリーのため、改めて過去の作品を見て復習してみてはいかがでしょうか。

名作は時が過ぎても名作ですから、あのときの感動がまた復活するかもしれませんね。

ABOUT ME
ねこすけ
都会暮らしなのに、ありえないくらいの低い年収で超節約生活を余儀なくされる。それをきっかけに、楽しく節約するために20件以上のスーパーマーケットへ調査。グラム単位で食材費を丸暗記。節約を意識して約10年経過しました。ですから主婦にも負けないくらい高度な節約に関する情報をリアルな体験とともに提供していきます。 アパレル店員(4年勤務) ソフトバンク社員(4年勤務) Web関連の仕事(5年勤務)